「素敵な彼氏」 第7話 あらすじ&無料お試し読み

こんばんは、花子です
家事の合間に大好きな漫画を読んで過ごしています。

このブログでは、「先生!」や「俺物語」などでおなじみ河原和音先生の「素敵な彼氏」について色々と書いていこうと思います


素敵な彼氏」は電子コミックで読むことが出来ます
花子はまんが王国というサイトで読みました(^^)
画質がきれいでお試し読みもできます
まんが王国
サイト内で「素敵な彼氏」と検索してみて



第7話 [あらすじ]

自分の気持ちが何ていうのか色々と考えて眠れなかったののかは、隣に座る直也にドキドキしながら、これが本当に自分で考えていた気持ちなのかすごく疑問で、男子と初めてまともにしゃべったから気になっちゃうだけかもしれない、とか経験と免疫がないからそんな気になっちゃてるだけかもしれない、なんてことを考えます。

すると直也から、6月30日に一緒に遊ぼうと誘われ、ののかは1日一緒にいれば自分の本当の気持ちが分かるかもしれないと考えます。

そしてその日が直也の誕生日だと思い出したののかは、プレゼントを贈っていいものかどうか、もし贈るとしたら何がいいのかと、そこでも悩みますが、直也に喜んでもらえるものを探そうと決意します。

プレゼントを用意し、さらにクッキーまで焼いて、また自分の気持ちのことを考えますが、勘違いかもしれない。。。なんて事を思います。

そして当日、2人は遊園地に遊びに行き沢山の乗り物に乗って遊びます。

そんな時、ちょっとしたしぐさをかっこいいと思ったり、可愛いと思ったり、可愛いって言われてドキドキしたり、楽しみながらののかは自分の気持ちを確かめようとします。

そして観覧車に乗った時、ののかは直也に誕生日プレゼントを渡しますが、実は同じものを持っていると分かり、ののかはがっかりしますが、直也はののかからもらったものを使うから、自分の持っているものをののかにあげると言います。

同じものだというののかに、ののかが自分のために選んでくれたことが嬉しいんだと言ってくれたのです。

そしてののかは、そんな直也の優しさを感じながら自分の気持ちがこうやって少しずつ動いてきたんだと自覚して。。。



[感想]

ののか、すごく慎重でしたねー(^^
可愛いです

誕生日プレゼントを選ぶ時だって、クッキーを焼くのだって、あんなに一生懸命になるのは気持ちがあるからなんですよね。

それに気持ちを自覚してからの直也に対する「可愛い」とか「かっこいい」とか思うのも、とっても良く分かります。

そして直也も自分の誕生日にののかを誘った、ってことはやっぱり好きなんじゃないかな。。。って思いました。

花子だったら自分の誕生日には好きな人と一緒に、って考えます

2人が一緒にいつも手を繋いで歩く日も近いのかな~?
なんて期待しながら次の話も楽しみにしてます


素敵な彼氏」は電子コミックで読むことが出来ます
花子はまんが王国というサイトで読みました(^^)
画質がきれいでお試し読みもできます
まんが王国
サイト内で「素敵な彼氏」と検索してみて






関連記事
第1話  あらすじ&無料お試し読み
第2話  あらすじ&無料お試し読み
第3話  あらすじ&無料お試し読み
第4話  あらすじ&無料お試し読み
第5話  あらすじ&無料お試し読み
第6話  あらすじ&無料お試し読み
第7話  あらすじ&無料お試し読み
第8話  あらすじ&無料お試し読み
第9話  あらすじ&無料お試し読み
第10話 あらすじ&無料お試し読み
第11話 あらすじ&無料お試し読み
第12話 あらすじ&無料お試し読み

この記事へのコメント